厳選された美術品を世界遺産「石見銀山」がある
島根県大田市からお届けします。

美術品販売

[玄清堂]三輪田米山 一行書 紙本掛軸 132.0×32.2cm 美品 桐箱

商品名

[玄清堂]三輪田米山 一行書 紙本掛軸 132.0×32.2cm 美品 桐箱
180,000円

<説明>

・表具
・軸先 陶器

 
鶴舞千年樹(鶴は千年まで樹に舞う)
 
桐箱入り
三輪田米山(1821~1908)
江戸時代末期から明治にかけて活躍した書家。愛媛生。本名は常貞、または清門(幼名は秀雄)。字は子謙。別号は得正軒主人。僧明月。僧懶翁とともに伊予三筆と称される。
伊予国久米郡(現在の愛媛県松山市)の日尾八幡神社の神官三輪田清敏の長男に生まれる。嘉永元年(1848年)父の死去にともない神官を継ぐ。国学、漢学および和歌を国学者の大国隆正に学ぶとともに書を日下陶渓(字は伯巌)を手本に学び、僧明月、細井広沢、王羲之の書法を研究した。明治4年、旧松山県より日尾八幡神社祠祠官に任命。明治13年(1880年)、隠居。愛媛県中予地方を中心におよそ3万の揮毫を残す。その書風は豪放磊落にして気宇壮大、雄渾にして天衣無縫、荷物にも捉われない破格の書体は、近代書の先駆として今もなお独自の輝きを放つ。また明治天皇の侍候を務め書の訓練にあたった。明治41年(1908年)没。享年88歳。墓所は神社・自宅に近接する四国霊場第49番札所西林山浄土寺。
大阪の山発商店(現アングル・ミユキ)創業者で佐伯祐三の発掘でも知られる山本発次郎が米山の書を高く評価し蒐集を始める。戦前に集めたものは戦災で灰燼に帰したが、昭和26年(1951年)には米山を「我が国近世五百年間不世出の大書家」と激賞している。

商品サイズ 作品  縦(cm)132.0 、横(cm)32.2
表具  縦(cm)196.5 、横(cm)43.5 、横(軸先含む)(cm)49.3
備考 販売中、送料別
カテゴリ 取扱美術品 店頭販売中 書画

絞り込み

カテゴリで絞り込む

文房四宝
- 硯
- 端硯
- 端渓硯
- 端石硯
- 歙州硯
- 澄泥硯
- その他
- 墨
- 和墨
- 唐墨
- 筆・紙
書画
- 書
- 画
その他

販売状態で絞り込む

店頭販売中
ご成約済み
オークション出品中
オークション落札済み

商品検索

検索

新着商品

[玄清堂]端硯 古硯 端渓水巌・穿龍硯 硯20.4×17.6×3.0cm 唐木箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]歙州硯 歙州泥金銀暈・門字硯 硯23.0×14.5×2.9cm 塗箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]コレクター所蔵品 伝世の名品 正倉院御物「白瑠璃碗」の写し 東大寛銘 東大寺 筒井寛秀箱書 共箱、共布、栞 茶道具 ガラス茶碗
オークション
[玄清堂]書家所蔵品 印泥2点 上海西冷印社 光明朱砂印泥 三十克装 未使用1点 詳細不明 印泥1点【中国文房具】
オークション
[玄清堂]書家所蔵品 愛蔵 唐硯 龍珠硯 硯25.6×17.3×4.2cm 欅天地硯蓋【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]魯硯 紅絲石・円池硯 硯14.4×15.2×2.3cm 五代 名倉鳳山 改刻【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]歙州硯 古硯 歙州銀暈水波紋・キ龍文門字硯 硯20.2×13.1×4.5cm 塗箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]端硯 古硯 掌硯 端渓水巌・蕉葉白硯 硯11.6×8.0×1.6cm 唐木箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]端硯 古硯 端渓水巌・天然硯 硯22.4×11.6×1.5cm 冨米珍蔵 唐木箱【中国文房四宝】
300,000円
[玄清堂]長尾雨山 三行書 絹本掛軸 本紙148.6×43.0cm 思歸七絶草書 共箱
売り切れ

お問い合わせ・ご購入・委託販売・筆耕のご依頼

CONTACT US
美術品に関するお問い合わせ・購入
委託販売のご依頼
筆耕サービスのご依頼
お名前 *

NAME


メールアドレス *

E-MAIL


お問い合わせ品名

PRODUCT NAME


お問い合わせ内容 *

DETAILS


ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。
お電話でのお問い合わせ、ご注文も承っております。
お気軽にご連絡くださいませ。
新古美術 玄清堂(営業時間 午前10時〜17時)