厳選された美術品を世界遺産「石見銀山」がある
島根県大田市からお届けします。

美術品販売

[玄清堂]和硯 極稀少 蒼龍石・大長方硯 五代 名倉鳳山作 硯26.2×18.6×5.3cm 黒柿銘木硯蓋【文房四宝】

商品名

[玄清堂]和硯 極稀少 蒼龍石・大長方硯 五代 名倉鳳山作 硯26.2×18.6×5.3cm 黒柿銘木硯蓋【文房四宝】
オークション落札済み

<説明>
黒柿銘木硯蓋。
和硯ナンバーワンの硯。稀少硯。蒼黒色で鋒鋩が強く、磨墨に優れている。高知県土佐清水市下の加江字荒谷で産する硯石。別名、土佐石、荒谷石。中世代白亜紀須崎層 黒色粘板岩。昭和28年(1953)高橋玄石氏が発見。昭和30年前半、井上研山氏(坂東貫山氏の義弟)らの努力で発掘され、「蒼龍石」の名称を登録し、世に広めた。大阪の石工 森田喜久次氏(~昭和53年、号:祥雲)、移り住んで作硯。初代土佐一水氏は昭和46年頃から作硯を始め、昭和56年までは「土佐硯」のブランドで、三原村の硯材と共に販売。以降は「蒼龍石硯」は「中村硯」に商標変更し、現在に至る。「蒼龍石硯」と「中村硯」は全く同じ石材で現在は採石は終了し、在庫を作硯している。
「蒼龍石」は、「硯の知識と鑑賞」(二玄社)の中で窪田一郎氏が「文房古玩事典」(柏書房)の中で宇野雪村氏が和硯No1の硯石として絶賛しています。
本硯は存在感のある大硯で、銀の砂子を振りかけたような斑紋の現れた美硯です。彫琢は五代 名倉鳳山氏の手により、美しい刻線の作品。稀少な黒柿の銘木硯蓋も花を添えています。文房机上を飾る硯として、端渓・歙州硯に勝るとも劣らない堂々たる和硯です。

商品サイズ 硯  縦(cm)26.2 、横(cm)18.6 、厚さ(cm)5.3 、重量(kg)6.1
備考 この商品はオークションにて既に取り引きが終了している商品です。
カテゴリ オークション落札済み その他 取扱美術品

絞り込み

カテゴリで絞り込む

文房四宝
- 硯
- 端硯
- 端渓硯
- 端石硯
- 歙州硯
- 澄泥硯
- その他
- 墨
- 和墨
- 唐墨
- 筆・紙
書画
- 書
- 画
その他

販売状態で絞り込む

店頭販売中
ご成約済み
オークション出品中
オークション落札済み

商品検索

検索

お問い合わせ・ご購入・委託販売・筆耕のご依頼

CONTACT US
美術品に関するお問い合わせ・購入
委託販売のご依頼
筆耕サービスのご依頼
お名前 *

NAME


メールアドレス *

E-MAIL


お問い合わせ品名

PRODUCT NAME


お問い合わせ内容 *

DETAILS


ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。
お電話でのお問い合わせ、ご注文も承っております。
お気軽にご連絡くださいませ。
新古美術 玄清堂(営業時間 午前10時〜17時)