厳選された美術品を世界遺産「石見銀山」がある
島根県大田市からお届けします。

美術品販売

[玄清堂]和硯 稀少 屋久島硯 銹水石・天然硯 秀命作 硯21.8×14.1×4.0cm 黒柿硯蓋 共箱 未使用【文房四宝】

商品名

[玄清堂]和硯 稀少 屋久島硯 銹水石・天然硯 秀命作 硯21.8×14.1×4.0cm 黒柿硯蓋 共箱 未使用【文房四宝】
118,000円

<説明>
黒柿硯蓋。
屋久島の海底に産する最良硬質の頁岩。約6000万年前(新生代古第三紀)に海底で形成された堆積岩(水成岩)です。本来 火山島である屋久島に、火山の熱の影響を受けていない無傷の水成岩が存在することは奇跡に近いと言われています。一般的に硯原石の採取には坑道掘りと露天採取があります。露天採取の石は坑道掘りの石に比べて、石質が物理的に安定しています。また硯には水岩と呼ばれる水中に没した原石が、硬度やキメの細かさの点において、最良質であるとされています。屋久島の銹水石は完全なる露天採取の水岩です。特に波彫銹水石と名付られた波による浸食孔のある石は、粗雑な石質部分を波が削り取り、最良質の部分だけが残った名石中の名石です。
古書が推挙する最高の硯材
『北窓瑣談』の後編巻の四 文政十二年(1845) 橘 南谿著 には「硯材は薩州屋久島石を第一とすべし。石密にして、しかも墨よくおり、又墨澄むことなし。その次は山城の石王子、若狭のうぐいす鳳足、甲斐の飴畑、土佐の青石、美作の高田など硯石の上品なり云々・・・」
【橘 南谿】
江戸後期の医者・文人。宮川氏。名は春暉。京都にて医学を修め、また文学を好み和歌に巧みで、全国を周遊。著『西遊記』『東遊記』『傷寒論分註』等がある。(広辞苑より)
『三国名勝図会』 天保十四年(1845) 薩摩藩島津家出版 には屋久島硯の形状美が詳細に記されています。

商品サイズ 硯  縦(cm)21.8 、横(cm)14.1 、厚さ(cm)4.0 、重量(g)1,623
硯匣  縦(cm)25.5 、横(cm)17.5 、厚さ(cm)8.4
備考 この商品は販売中の商品です(税込)。送料別
カテゴリ その他 取扱美術品 店頭販売中

絞り込み

カテゴリで絞り込む

文房四宝
- 硯
- 端硯
- 端渓硯
- 端石硯
- 歙州硯
- 澄泥硯
- その他
- 墨
- 和墨
- 唐墨
- 筆・紙
書画
- 書
- 画
その他

販売状態で絞り込む

店頭販売中
ご成約済み
オークション出品中
オークション落札済み

商品検索

検索

お問い合わせ・ご購入・委託販売・筆耕のご依頼

CONTACT US
美術品に関するお問い合わせ・購入
委託販売のご依頼
筆耕サービスのご依頼
お名前 *

NAME


メールアドレス *

E-MAIL


お問い合わせ品名

PRODUCT NAME


お問い合わせ内容 *

DETAILS


ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。
お電話でのお問い合わせ、ご注文も承っております。
お気軽にご連絡くださいませ。
新古美術 玄清堂(営業時間 午前10時〜17時)