厳選された美術品を世界遺産「石見銀山」がある
島根県大田市からお届けします。

美術品販売

[玄清堂]岸連山 猛虎之圖 絹本掛軸 本紙104.1×41.1cm 美品 合箱

商品名

[玄清堂]岸連山 猛虎之圖 絹本掛軸 本紙104.1×41.1cm 美品 合箱
150,000円

<説明>

・表具 絹本
・軸先

 
岸連山 1804年~1859年
江戸時代後期の岸派の絵師。京都生まれ。旧姓、青木。のち岸駒の養子となる。幼名を徳次郎。のちに昌徳、徳などと名乗る。通称・文進。字は士道、士進。号は萬象楼。岸駒、岸良に師事する。岸駒の長女で岸良の妻・貞の先婿との娘・晴(春)と結婚、婿養子となり第三代岸派を継承した。文政6年(1823年)以降は父祖と同様、有栖川宮家に仕えた。安政2年(1855年)京都御所障壁画制作では、御常御殿申口之間、御学問所雁之間・迎春南之間などを担当し、岸派の中では二代目の岸岱に次ぐ大きな仕事をしており、岸派の三代目に位置していたことが窺える。他に光明寺や島原角屋、岸派と ゆかりが深い京都市北区天寧寺などに、作品の所蔵が確認されている。
中島来章・横山清暉・塩川文麟らと共に、幕末画壇の「平安四名家」と評された。画風初期は、装飾的な画風を特徴としたが、晩年は四条派の影響を受け、身近な花鳥や鳥獣を淡彩を生かしつつ、墨を駆使して描く温和な画風に変化した。連山は、岸駒の個性的表現から近代的な写生技法へ転換し、次代の竹堂へと続く岸派の近代化の契機となった絵師といえる。

商品サイズ 本紙  縦(cm)104.1 、横(cm)41.1
表具  縦(cm)186.0 、横(cm)51.8 、横(軸先含む)(cm)57.0
備考 ヤフオク出品中、送料別
カテゴリ 取扱美術品 店頭販売中 書画

絞り込み

カテゴリで絞り込む

文房四宝
- 硯
- 端硯
- 端渓硯
- 端石硯
- 歙州硯
- 澄泥硯
- その他
- 墨
- 和墨
- 唐墨
- 筆・紙
書画
- 書
- 画
その他

販売状態で絞り込む

店頭販売中
ご成約済み
オークション出品中
オークション落札済み

商品検索

検索

新着商品

[玄清堂]端硯 古硯 端渓水巌・穿龍硯 硯20.4×17.6×3.0cm 唐木箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]歙州硯 歙州泥金銀暈・門字硯 硯23.0×14.5×2.9cm 塗箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]コレクター所蔵品 伝世の名品 正倉院御物「白瑠璃碗」の写し 東大寛銘 東大寺 筒井寛秀箱書 共箱、共布、栞 茶道具 ガラス茶碗
オークション
[玄清堂]書家所蔵品 印泥2点 上海西冷印社 光明朱砂印泥 三十克装 未使用1点 詳細不明 印泥1点【中国文房具】
オークション
[玄清堂]書家所蔵品 愛蔵 唐硯 龍珠硯 硯25.6×17.3×4.2cm 欅天地硯蓋【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]魯硯 紅絲石・円池硯 硯14.4×15.2×2.3cm 五代 名倉鳳山 改刻【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]歙州硯 古硯 歙州銀暈水波紋・キ龍文門字硯 硯20.2×13.1×4.5cm 塗箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]端硯 古硯 掌硯 端渓水巌・蕉葉白硯 硯11.6×8.0×1.6cm 唐木箱【中国文房四宝】
オークション
[玄清堂]端硯 古硯 端渓水巌・天然硯 硯22.4×11.6×1.5cm 冨米珍蔵 唐木箱【中国文房四宝】
300,000円
[玄清堂]長尾雨山 三行書 絹本掛軸 本紙148.6×43.0cm 思歸七絶草書 共箱
売り切れ

お問い合わせ・ご購入・委託販売・筆耕のご依頼

CONTACT US
美術品に関するお問い合わせ・購入
委託販売のご依頼
筆耕サービスのご依頼
お名前 *

NAME


メールアドレス *

E-MAIL


お問い合わせ品名

PRODUCT NAME


お問い合わせ内容 *

DETAILS


ご入力していただきました個人情報については、ご本人の同意がない限り、お問い合わせに回答する目的以外に利用することはございません。
お電話でのお問い合わせ、ご注文も承っております。
お気軽にご連絡くださいませ。
新古美術 玄清堂(営業時間 午前10時〜17時)